2008年4月22日 (火)

眠れん( ̄▽ ̄;;

現在夜中の1時過ぎ。

 

21時過ぎぐらいには凄まじい睡魔に襲われたはずが。。。

炊事だの洗濯だのとこなしていたら、いつの間にか眠れなくなり。

 

こんな夜更けにネットサーフィン(苦笑)

 

部屋の電気を点けたらば、就寝中だったミドリフグ君達を起こしてしまった。

 

ごめんごめん(^-^;

 

夜中に水槽をパシャリとやって、君らの写真でもアップしときます(笑)

292

晩飯の赤虫の破片がエアレーションで飛び散ってますな( ̄~ ̄;

水も換えなきゃねー(^-^;

 

お休みの所を起こされたもんだから、

体色も黒っぽく、ご機嫌ナナメな御様子( ̄▽ ̄;;

  

いやぁ・・・それにしても大きくなったもんだねぇ・・・(^-^;

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

僕はこの日を待っていた!

午前中、幼馴染みの「くっちゃん」から電話が入る。

まぁ、別の電話中だったので一旦保留でかけ直し(^-^;

話すうちに電話の向こうから聴こえる言葉に心が躍った♪

「今日の夕方、ミドリフグが入荷するみたいだよ!」

ミドリフグ ミドリフグ

ボラとヤドカリ、そしてイソスジエビモドキを飼育。

水槽の水質維持に励んできた。

(エビは途中脱皮に失敗するなどして死んでしまった・・・)

早く入荷しないかなぁ、まだかなぁ、まだかなぁ・・・・

・・・2ヶ月近く費やした・・・

・・・待ち遠しかった・・・

「暑さと長時間の輸送に体力を奪われる。

涼しくならなきゃミドリフグ入荷は厳しい。」

近所の熱帯魚専門店(近所に専門店があるのを最近知った(笑))の

おっちゃんにそう聞いていたものだから、

半端あきらめかけていたのだ・・・

もう、ボラONLYで育てようかなと。

汽水から海水へ・・・・・塩分濃度を徐々に上げようかなと思案中。

そんな中の今日の電話だったのだ。

早く帰りたかった。

ストレスを溜めるだけの仕事なんざ放り投げて、

ミドリフグの姿を見に行きたくなった(笑)

家族、特にカミサンもミドリフグをずっと待っている。

だから水作りに一役買ってくれるボラの飼育を大目に見てくれてる?(・-・;

「ホームセンターの入り口で待ち合わせしないか? 18:00には着くから」

カミサンに連絡。 

彼女にミドリフグ入荷の事は伏せた。

ビックリさせたかった。

だから約束の時間だけを彼女に告げ会社を後にした。

アクセル踏んで18時ジャスト。

店の入り口に座るカミサンと合流して店内へレッツゴー♪

先に店内に入っていたらしい子供達が走って来る・・・

「とぉちゃぁん! ミドリフグがいたよぉっ!」

あらあら、ばれちゃった(笑)

気を取り直して観賞魚コーナーへ♪

うおっ!今日入荷でもう売られてる

調整は無視なのか!?

アロワナとか高級クラスはしばらく売らないくせに・・・

しかももうすでにミドリフグの数少ないし(・-・;

とりあえず元気が良くて、小さい個体を2匹チョイス♪_098

(最初から大きいとつまらない(笑))

あとは・・・・自宅までダーッシュ!!!

で・・・水温合わせで袋ごと50分。

プカプカ浮かべましたとさ(^-^)

うぅぅん、僕はこの日を待っていた!

亜硝酸濃度も問題無し!生物ろ過もバッチリ♪

さぁ!

今日からまた生き甲斐が出来ました!♪(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

毎日毎日わが家のボラは・・・

何がしか食べている・・・。

ボラに飽食の時間など皆なのだろうか?(^-^;

エサを与えれば一心不乱に食べ泳ぎ、

僕の目に見えるエサが無くなっても、ずっと底をついばんでいる。

水中でサスペンドしてるなぁ・・・と思いきや・・・

痙攣するかの様に

エラが激しいバイブレーションを起こし

何やらエラでこして食べている(--;

そう言えば、ボラは水中のバクテリアをエラでこして食べるらしい。

どんな魚も食べているのだろうが、

こんなにも大食漢なボラ達が泳いでいるのだ。

水槽のバクテリア達は生存競争を生き残って行けるのか? 

ボラによって全滅させられる事は有り得ないだろうけど

そんな無用な心配が脳裏をよぎる程に彼等は食べ続けるのだ。

今日も・・・

・乾燥赤虫

・ミニクリル(小さなオキアミみたいなやつ)

・乾燥ブラインシュリンプ(ミクロなカブトガニ?みたいなエビ)

・熱帯魚用のフレーク

この4種類をすり鉢で粉末状にミックス。

水槽に投入した途端、ボラ君達は狂った狂った(^-^;

踊り食いってのは、本当はこれかも知れない。

ボラはぐんぐん育つってい記載をネットで見たけど・・・

潮溜まりから連れ帰った時から比べると、胸筋も隆起し、

見る間に大きくなっている様なので、納得しちゃうよなぁ(・-・;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

溶岩石 ~その後~

桜島で拾って来た溶岩石。

昨日、帰宅してすぐに激しく水洗い

長年降り注いだ火山灰がことごとく流れ落ちて来た。

その後で鍋に入れ煮沸消毒すること30分(ちょっと長いか?)

めちゃくちゃ熱い(*o*;

冷やさずにこのまま水槽に入れると石焼鍋になってしまふ(@_@;

それぐらい熱い。

はい、冷蔵庫で冷やしておきませう♪

手頃な大きさの物を3つ拾って来たのだが・・・_027_2

溶岩石によって水質がアルカリ性に傾くらしい。

(サンゴ砂でアルカリ性を目指しているのだから)

それはまぁいいとして・・・

溶岩で水の硬度が変わる事が有るとか。

硬度が生体にどう影響を及ぼすのか良く分からない・・・

(水の硬度の意味も、現段階での硬度も分からないくせに

知ったかぶりで水質を心配してみる無能な男(爆))

・・・コホン・・・まぁ・・・

とりあえず1コだけ入れて様子を見てみよう(・-・;

・・・で、1日経過。

水槽の住人達になんら変化は見られない。

エビやヤドカリが登ったり下りたりして憩いの場になっている(^-^;

ボラ君達にも影響は無いようだ。

ブラインシュリンプを指で砕きながら与えると

狂った様に食べている。 まぁ貪欲な魚だわ。

昨日まで水がほのかに白濁りを呈していたが、

_028_2 溶岩石を入れてから心なしか・・・

水の透明度が復活した。

気のせいか?

マグマは水を浄化するのだろうか?

あっ!を吹いたらマグマ大使が現れるかも知れないぞ♪

・・・しかしなぁ・・・

出現したらしたで水槽は木っ端微塵だなぁ・・・。

石の中に大使がいらっしゃらない事

ただただ祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

目的はただひとつ(笑)

鹿児島市内の「黎明館」というカルチャーセンター?

みたいな施設で「ナスカ展」をやっているみたい。

そこへ行きたいオカミサン・・・。

う~ん、天気も悪いし水辺の状況も思わしくない様だし・・・

釣りって感じじゃありませんわい(..;

ナスカ展、行ってもいいかな(^^;

そうそう、

鹿児島市内に行くには桜島からフェリーに乗った方が早いわな。

桜島を通る・・・ってことはですよ・・・

溶岩石を拾いに 立ち寄れますなぁ(*^-^*)

店で買うと高過ぎるのよね(*o*)

もちろん水槽に入れるのだ♪  

びば! さくらじま♪

びば! 活火山♪

溶岩石を拾ったら・・・海の手前でもう目的が無くなるな (・-・;

果たして僕はフェリーで海を渡るのか?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

やっぱり水槽には・・・

_026 魚が泳いでいる方がしっくりとくる。

今日の昼間にヤドカリを捕獲したのだが

(直前の回顧録参照)

海を離れた直後、友人のくっちゃんから電話が入り、

合流する運びとなったので海へトンボ帰り。 

彼はディスカウントストアで調達してきた魚獲り網を持参(^^;

で、昼間っから潮溜まり遊び開始(^^;

今日は以前見かけたコトヒキの稚魚らしき魚は見当たらない。

代わりに違う魚達が群れている。

網の出番である。

初めは底砂をさらう様に網を駆使するくっちゃん。

一尾捕獲するも砂に埋もれたりで効率が悪いので、

例によって追い込み漁に変更。

結局三尾を捕獲(^^) 

そのうちの二尾をヤドカリ入りペットボトルに入れる。

この魚、なんだろなぁ・・・? 

の体がギラギラと眩しい。 タチウオのそれの様に輝いている。

正面から顔を覗くとちょっと逆三角形・・・・・・・ボラ?

おそらくはボラだろう。・・・・・ボラを飼うのか?(・・;

飼ってどうする? いずれカラスミでも取るのか? いやいや(--;

それより潮溜まりで捕まえた魚が汽水水槽で生きられるのか?

まぁでも、水槽の中がヤドカリとエビだけじゃ淋しいし、

何よりつまらない。

ミドリフグの為に立ち上げ直して水を作っている最中だけど・・・

肝心のミドリフグは当分入荷しないみたいだし・・・(/;)

やっぱり連れて帰ろう。 ボラなら汽水でも心配なかろうて。

そんでもって仕事を終えて帰宅後すぐに、

この魚がなんなのかを調べてみる。

やっぱりボラみたい(^^; 

しかしボラに持ってた変な印象崩れたなぁ・・・

二尾は水槽の中で寄り添う様に泳いでいる。 

一尾が移動すれば後を追って、常に一緒。 なんだか可愛い(^^;

エアレーション外掛けのろ過機による対流の、

上流に当たる方向を向きながら、達者な泳ぎを披露している。 

ここに魚の習性のひとつ「向流性」を垣間見る。

それにしても、

やっぱり水槽の中には魚が居てくれた方が落ち着くわ。

まさかこんなに魚の飼育にハマルとはね(^^:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気晴らしに…

気晴らしに…

ちょっと海まで足を運ぶ。

目的は… ヤドカリの捕獲!!

ちょうど計った様に干潮。

居るかな居るかなぁ〜♪

で、捕獲。 500mLのペットボトルに入れて、お持ち帰りぃ〜♪


ちょっとでかいな…(;¬_¬)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

海へ・・・

イソスジエビモドキを捕獲しに出かける・・・・

網とビンを持参。

さぁ!捕るぞぉぉっ!

数分後、海にとーちゃーく!

・・・・・・・

満ちてやんの(--;

潮溜まり出現まで待てはしないのさ・・・・・

かーえろ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

そろそろ・・・

ミドリフグの飼育に再チャレンジの準備を始めよう。

ようやく気持ちを切り替える事が出来そうだ。

23リットルのガラス水槽やサンゴ砂やら新たに買ってきた。

やっぱり部屋に愛嬌いっぱいのミドリフグが居ないのは淋しい・・・・・。

新たに招くだろうミドリフグに長生きしてもらう為に、基本からやり直し!

努力しよう。

水槽の立ち上げや管理には金と時間がかかるけど、

努力すればするほど、大きな喜びが待っている。

金では買えない大切なものをもう一度、取り戻すんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)