2007年7月14日 (土)

少年期 第二話

久しぶりにヒロ(名義貸し)少年の話でもしよう(笑)

台風でやる事無いし(爆)

 

第二話 「アイディア」

 

ヒロ少年は父親の事が大好きだった。

夕方、狭い茶の間でゴロゴロしていたり、テレビを視ていたりする時、

父親が仕事を終えて帰って来ると・・・

「おかえりなさい♪」と出迎えるのが好きだった。

時にはコタツの中に身を隠し、びっくりさせるのも好きだったので良くやったと言う。

 

そんなヒロ少年。

ある日の事。 

ふと・・・父親におかえりなさいと言うのが面倒くさくなったらしい(笑)

今思い出しても何故そんな気持ちになったのか分からないらしいのだが・・・

 

(なんとか 「おかえりなさい」 と言わずに済む方法は無いものか・・・?)

 

出迎える事無く父親の帰りを迎える事が出来る方法・・・・

そんな矛盾を満たす方法を一生懸命考えた。

 

そして、遂に少年は一つの手段をチョイスし、行動に出る。

その為に学校から拝借して来た「ある物」をポケットに忍ばせて・・・

 

(これでワザワザ出て行かなくていいし、お父さんも喜んでくれるだろう♪)

 

順調に計画を遂行して帰宅。

茶の間でゴロンと横になり、アニメを見ていた彼。

しばらくすると車の音が聴こえてきた。

(お父さんが帰って来た♪ ふふ♪ 出て行かなくてもいいもんねー(^-^) )

  

父親が車から降りて玄関を上がって来る音がする。

直後、父親の怒号!!

 

「ヒロぉっっ!!!!! 

なぁぃしちょっとか うぇやぁぁぁっ!!! ばぁかたれがぁぁっ!!!」

  

鹿児島弁で怒鳴り散らかす父親( ̄□ ̄;;!

「何をしてるんだお前は! 馬鹿タレが!」 と訳すのだが(笑)

 

父親の笑顔を期待し、そして確信していたヒロ少年・・・

怒り狂う父親を前に、ただただ怯え立ちすくむ。

(彼の父親は滅多に怒らない人だったので、凄まじい恐怖を覚えたそうだ(苦笑) )

 

一体、少年は何をやらかしたのだろうか?(笑)

 

「おかえりなさい」と言う面倒くささを解消するにはどうすればいいのか?

前述の通り彼は考え抜いた。

(だいたいそんな事を考える苦労をするなら、素直に出迎えてりゃ良いのだが(笑))

 

僕はヒロ少年が取った行動を聞いてみた。

 

少年は父親が帰って来るルート上の御近所さん宅の・・・

ブロック塀というブロック塀全てに・・・

  

「おかえりなさい」 「お父さんおかえり」 「おかえりなさい」・・・・

  

学校から持ち帰って来た数本・数色のチョークで書きまくったのだと言う( ̄~ ̄;

 

だがこれを見ただけで、ヒロ少年の仕業とは分からないのでは無いのか?

という一つの疑問が浮かび上がる。

 

でもそこはさすがヒロ少年!

 

仕上げとして。。。。

 

玄関のコンクリート部分に 「おかえりなさい」 と書いたのだ(爆)

 

ブロック塀に網羅された思慮の足りなさ過ぎるその書き物?は嫌でも目に入る。

あらあら・・・まったく子供のやる事は・・・と溜息交じりに通り過ぎた事だろう。

しかし家に着くとその犯人が、自分のバカ息子だと気付くのだ(^-^;

 

「ヒロっ!! 

ないごてこげなこつしぃちょっとか!! ゆてんみよっ!!」

(訳) 何故こんな事やってるんだ!! 言ってみろ! 

 

「・・・おかえりなさいって言うのが面倒くさかった・・・・(。。; 」

 

「なんちよ うぇやぁぁっ!!!!」

(訳) なんだと お前ぇ!!!!

 

御近所迷惑を平然とやってのけ、

しかも父親が待ち望んでいたであろう「労いの言葉」

言うのが面倒だ という至極勝手な理由で省略したバカ息子。

誠実で勤勉、そして家族想いな父親にとって、

息子の愚行の動機は許すまじきものだったに違いない(苦笑)

 

「消せっけ! バケッとたわしゅもいたっせぇ 今消せっけ!

すっぱいキレイに消ゆっとっずい 戻っくんな うぇやぁっ!!」

(訳) 消して来い! バケツとたわしを持って行って 今消して来い!

    全部キレイに消えるまで 帰って来るな お前は!!

 

彼は泣きながら、たわしと水の入ったバケツを持ち、

近所の方々に謝りながら塀に書いた言葉をゴシゴシと消して歩いたそうな(^-^;

でもチョークで強く書いてるもんだから、なかなか消せなかったらしい(苦笑)

ヒロ少年は激しい後悔の念に駆られたんだとか(^-^;

 

 

少年と父親の苦い想い出が刻み込まれたブロック塀は、もうその通り沿いには無い。

弾むボールの音など聞こえて来るワケも無く・・・無論、落書きなんて・・・

 

がむしゃらに落書き(苦笑)を消して疲れ果てて帰ったヒロ少年。

辺りはもう真っ暗で・・・。

家に上げてもらったアト、父親と話を出来たかどうかまでは覚えていないらしい。

 

「ただね・・・ 

あの時、叩かれたっていう記憶が無いのよね。

すごく怒りながら、どこかなんだか淋しそうだった父親の顔は今でも覚えてるよ・・・」

 

過保護では無かったけれど、精一杯の愛情を注がれて育った少年は

今日もまた、苦笑いで話を締め括ってくれたのだった。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

少年期

TAKEさんのエロおもろいエピソードには到底かなわないので、

僕は少年時代から同じ時代を生きている古き良き友人の話でも書こうかと(笑)

名前は敢えて「ヒロ」としよう。

いわゆる名義貸し(爆)

さてさて、少年のほろ苦い思い出話。 始まり始まりぃ(o^-^o)

 

 第一話  「豆腐」

 

ヒロ(名義貸し)少年が、まだ小学生の頃だった。

その日、彼は母親に自宅近くのスーパー(と言うよりも商店?)まで、おつかいを頼まれた。

おつかいの内容は・・・「豆腐を一丁買っておいでね」 という至極明快かつ単純なモノ。

 

今でこそ豆腐はパックに入って並べられるのが一般的であり、

最近の子供達にしてみれば、それこそが豆腐だろう。

 

でも当時のヒロ少年が母親に連れられて通ったスーパーの豆腐は

大きな水槽の様な容器の中に沈んでいるものだった。

(あれっ? 浮かんでたんだっけ(^-^; もうずっと昔の事だからなぁ・・・)

「 ひとつちょうだい(^-^) 」

店のおばちゃんにお願いすれば、水槽からすくい上げた豆腐をビニール袋に入れてくれ、

くるくるくるっと袋のクチをねじって縛り、

「 はい♪ 」 と手渡される。

少年は、パンっと張りつめた袋の中で、豆腐がぷるぷる揺れるのを眺めていたものだった。

 

だから後年台頭してくるパック入りの豆腐には、初めはかなり抵抗があったものだと彼は言う。

 

さてさて、小銭を握りしめて出掛けたヒロ少年。

店のおばちゃんとは顔馴染みであるし、緊張はしていなかった。

いつも通り、母親が頼む通り。
 

「豆腐をひとつちょうだい(o^-^o) 」 と、お願いする。

 

そしていつも通りに仕上げられる豆腐。

勘定を済ませ、店を出て・・・

家路を彩る数百メートルの並木道を意気揚々と帰る。 

少年は難無くおつかいをクリアしたワケだ。

 

ところがだ・・・・

ただいまぁ♪の声が母親に届くが早いか

「ヒロぉぉぉっ!! なんねこれはぁぁぁぁっ!!!(`□´)ノ”」

 

怒り狂い出す母親( ̄□ ̄;!

 

「なんね・・・って・・・とうふ(。。;; 」

ワケの分からない事態に怯えながら問いに答える。

 

「ばぁかたれぇぇぇぇっ!!! なんでこれが豆腐ねぇぇっ!!!」

 

もはや意味が分からない。

少年は確かに水の中からすくい上げてくれる見慣れた手つきを、ついさっきその目で見てきた。

そしてその締めくくりに必要な金額を、

いつも優しいおばちゃんの手のひらに乗せて帰って来たのだ。

 

「でも・・・とうふだよ(xx; 」

 

少年は豆腐を買って来たのだ!

ありがとう♪ と誉めてもらいたいところである。 

それがどうして豆腐じゃない!と叱られなければならんのか?

 

次の言葉で全てに気付く・・・

 

「ぐちゃぐちゃにしてるでしょーがぁぁぁぁっ!!!!」

 

「あ (・-・;; 」

 

そう・・・彼が買って来たのは紛れもなく豆腐。

いや・・・豆腐だったと言うべきか。

 

意気揚々の帰り道、 軽くスキップなんぞ交えながら

ことごとく街路樹のほとんどに、

豆腐が入った袋をテンポ良くぶつけて帰って来たのだ。

 

目の無い大きなサイコロがみるみる内に粉々になっていくのは判っていた。

しかし・・・味噌汁に入っているのはいつも小さいのだから大丈夫♪

どうせ小さく切るんだ♪ 

と、ぶつけるのをやめなかった(笑)

 

どうやらそれが母親の逆鱗に触れる行為だったのだ(xx; 

今思えば冷ややっこで食べる予定だったのか( ̄~ ̄;;

おーい父ちゃん、天国から答えてくれぇ(^o^; 

 

「ねぇヒロっ! どうして四角いまんまで持って帰って来れないの!?

ねぇヒロっ! あんたは何しに行ったの!?!? ねぇヒロっ!!!・・・」

 

こうして、しこたま怒鳴られて叱られて・・・

 

家に入れてもらうヒマも無く、「もう一回買いに行っておいで!」

と、小銭を渡されトンボ返りさせられたのだった・・・。

 

「あ・・・とうふって最初は四角いまんまじゃないといけないんだ(。。; 」

その時初めて理解した少年は、鬼(笑)がくれた再度のチャンスをモノにしようと必死 (^-^;

 

まるで金魚すくいのアトの様に、張り詰めた袋の中の豆腐の僅かな揺れにも過敏に反応(笑)

恐る恐る、それはそれは慎重に、鬼の待つ棲家へと歩を進めたんだとか。。。

 

今では積み重ねられるパックの豆腐。

これなら型崩れしにくいよね(^-^; 

店先で目にする度に、あの時を思い出すよ・・・と、

子供のまんま歳だけ重ねた少年は、苦笑いを浮かべている・・・

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)