« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年1月27日 - 2008年2月2日

2008年1月31日 (木)

テストヾ(´▽`)ノ”

1月26日(土曜日)

 

この日は仕事で疲れきっているというあおい君に無茶をお願いして、

アジ夜襲に付き合ってもらった(笑)

 

僕にとって、この日の夜襲は数を獲るのが目的ではなかった。

ヒロジグを造ったからには

「 使いモノになる 」という事を証明せねばなるまい(笑)

 

 

「ロストしても差し支え無い代物」

という大義の為、自主制作に踏み切った経緯があるが・・・

自主制作も第2弾となると、より手間をかけた分、出来は悪くとも情が移る (^-^;

必然的に(僕のスキルで使用した場合)ロストの確率が低い場所で・・・となる。 

017

持ち込んだのは、出来たてホヤホヤの7本。

(フックはカルティバの#10と#12を使用)

重さはフック無しの状態で、全て8グラムに 「 なっていた 」(爆)

塗装の色流れが目立つ(笑)

 

 

さぁ!

最初のテスト現場に着いてから、ひたすら投げ倒す!

 

フォール中、それもかなり下で。

ココンっ・・・というショートバイトが、ごく稀に伝わるだけで、

そのいずれもフッキング出来ず( ̄~ ̄;

喰いが渋いのか?

  

という事にしておけばそれっぽい(爆)

 

隣にはジグヘッドにスモールワームをセットしたあおい君。

飽きない間隔で4本のターゲットを水揚げ。

やはり彼も喰いは渋いという結論を導き出す。

 

しかしながらフッキング率は明らかに高い。

 

「 最初は手堅くワームで獲った方が(^o^: 」

あおい君からの進言があるも、遠慮させてもらう(笑)

 

獲れないからと、自作に費やした時間に背中を向けるワケにはいかない。。。

と言うよりも、

自作モノでアジを獲れるという結果を出して、

次回作への期待を自らの胸に、陶酔したいだけだったりして(爆)

 

 

やがてそこではダメだと決め付けて(笑)

探索ついでに移動する事に。

 

たどり着いた場所は誰も見向きもしない様な場所・・・ 

二人とも半信半疑で車を降りる。 

まぁ、やってみなけりゃ解んないので。

 

それにしても・・・・いかにも釣れなさそう (・-・;

 

ロストしてしまいそうな場所でもある。

困惑しながらも、テストだから!と、投げていると・・・

 

少し遠くで何かがパシャッとライズらしく水を弾く。

アジなのか?

 

とりあえずその方向にヒロジグ投下・・・

引っ掛かりそうで怖い僕。

短めのフォールの後、3,4回ずつの小刻みなトゥイッチ。

それを繰り返していると・・・・

  

( あ・・・居る居る・・・獲れる!・・・これ獲れるわ!・・・ )

 

これは不思議な感覚で、信じてもらえそうに無いのだけれども。

他の釣りの時にも感じる時がある。 

居るとか居ないとか、見えるワケでもない。

まして自信など・・・

ただ、何故かこんな瞬間が時折訪れる。

 

ただ単に釣りたいっていう欲が錯覚させるのかも (^-^;

 

が、そんな感覚が入って来た時は大概・・・

Photo_2

獲っちゃった( ̄▽ ̄;)v (写真は哀愁のセピアにしてみました)

 

これに気を良くしてすぐに・・・ 

Photo_3

サイズアップ♪

013

ヒロジグは使いモノになりそうな予感(笑)

てかこんな場所でも居るんだなって、改めて奥深さを再確認 (^-^;

 

途中、あおい君にも違うカラーを同じ様な使い方で試してもらったけれど、

アジからのコンタクトは得られなかった(+_+)

テスターがこうでは困る( ̄~ ̄;(笑)

 

ま、全部で獲れるってのは夢か(°▽°;

 

このアト別な場所でヨッシーさんと合流。

ジグヘッドに換えて投げたけれど、3人とも立ち尽くすだけだった。。。

 

 

さてさて・・・今回はバラシ1本で2本を水揚げ。

実に渋すぎる結果ではあるが、鉛を叩く理由が出来たのでヨシとしよう(笑)

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »