« お盆休み放浪記 ① | トップページ | お盆休み放浪記 ③ »

2008年8月15日 (金)

お盆休み放浪記 ②

 

8月14日(木) 大潮

 

休み2日目。

午前5時半にやっとこさ目が覚める。

今日の釣りを約束した面々はもうすぐキャストを始めるのだろう。。。

 

ちょっと遅れる事を伝えて準備を整える。

また楽しい釣りが出来そうだ。

 

 

今回もまた、前回の磯場での釣りとなったのだが

前回険しく感じた道のりも、今日は心なしかサクサクとクリア出来た(^-^)

 

もうすぐ目的のポイントって所で横から声を掛けられる。

 

「 おはようさんでーす(・-・)/ 」

 

そう! 

今回はジュンジさんも参戦!

しかも前日からの乗り込みで(°▽°;

   

きっとジュンジさん。

静かな波の音を聴きながら一晩中、

第二の人生について考えたかったのかも知れない(爆)

 

 

さてさて・・・ジュンジさんの放つ哀愁オーラに後ろ髪を引かれつつ

先端を目指そうと視線を戻すと・・・

僕は来る場所を間違えたのかと錯覚してしまった。

 

だって僕の目の前には、

南国リゾートに来たって感じの格好の男性が立っているのだ。

 

 

確かにここは条件さえ合えば

ひょっとすると青物パラダイスになるかも知れない。

でもそれはパラダイスであってリゾートではない。

 

一体どうしたって言うんだ!?

スゲー爽やかな風体じゃございませんか。。。

 

「・・・・おはようございます・・・(・-・;) 」

「 おっはよう( ̄ー ̄)♪ 」

 

  

TAKEさんだ( ̄▽ ̄;

 

振り向き様にトロピカルジュース

オレンジなんかがグラスに刺さってて、くるっとなったストロー付きの(笑))を

ちゅうちゅう吸ってなかったのが救いだ(爆)

 

 

僕はトロピカルマン・・・違った、TAKEさんの隣に入らせてもらい釣りを開始(笑)

今日の海は風が結構強く、ジグの着水までにラインが風をはらんで膨らむ。

サミングしないと南国超人・ハイテンションマン・・・

違った、TAKEさんの釣りの邪魔になる。

 

投げてはシャクリを繰り返すが反応は無し。。。

TAKEさんとジュンジさんも、延々とキャストを繰り返している。

 

前回ルアーの着水に驚いて逃げ回ったトビウオも、今日は飛ばない。。。

 

う~ん・・・渋いのかなぁ・・・

 

しばらくするとTAKEさんが冒険して来ようっと♪ と言い残し、場所移動。

 

僕はそのまま残って投げ続ける事に。

 

 

ジグで反応が無いまま過ごすのもストレスが溜まるので

シンキングペンシルに交換。

 

そして数投目。

目の前まで来たルアーが漂う白いゴミをクリアしようとした時・・・

バシャっ!

 

あちゃっ・・・ゴミに引っ掛かった( ̄~ ̄;

と思った次の瞬間、ぐんぐんロッドが引っ張られるっ!?

 

魚だっ!!

 

明らかに浅い数メートル目の前で、まさか食い上げて来るとは思いもしない。

焦った・・・!

 

何が掛かったのか判らないまま、結構な突っ込みを耐えつつ

足下への寄せを試みる!

 

見えた魚は30センチぐらいのネイゴ!!

やった! ちびっ子サイズとは言え、念願の獲物だっ♪(キープ前提(苦笑))

 

娘が喜ぶぞぉっ♪

クーラーBOXを覗き込み、きゃっきゃと喜ぶ顔が脳裏をかすめる(笑)

 

ん・・・? 

引っ張られて来るちびっ子の後ろを60センチぐらいの青い影が。

ありゃなんだ?

 

まぁいい、早く抜かないと。

と、抜き上げの体勢になろうとしたら・・・

 

 

バシャバシャッ!!・・・・

 

ばれた・・・・・・・

 

 

そういやぁ、このルアーのフック、少し錆びてたっけ。。。

しっかりアワセを入れときゃ今頃は・・・・orz

 

もの凄く悔しかった。

TAKEさんとジュンジさんからは、ほぼ同時に野次が飛んで来る(泣)

 

でもこれで周りのテンションは上がった感じ(^-^;

僕は落ち着きを取り戻す為に煙草に火を点けたsmoking

 

しかしそれからまたしばらく、風の音だけが響く時間が過ぎて行った。

 

今日はダメなのかなぁ・・・と諦めが漂い始めた頃。

少し離れた場所で投げていたジュンジさんがなんだかファイトしているっぽい!

(TAKEさんも僕も、冗談でファイトを演じているのかと最初は思った(笑))

 

「シイラだシイラっ!!」

TAKEさんが叫ぶ!

 

340

ジュンジさんのロッド(下半身ではない(爆))が大きく弧を描く!

 

「 うぅわっ! 根の方に行った・・・! 」

TAKEさんが心配そうにもらす。

 

ファイトするジュンジさんの目の前には、大きな沈み根が存在しているのだが

潮位差の大きい今日にあって下げまっしぐら!

根の上部がだいぶ水面に見えている。

どうやら魚は根の方へと回り込んだ様だった。。。

 

341

眼前の根から引き離す作戦?  シイラと根競べ中のジュンジさん。

 

  

ようやく根から離れたシイラは僕らの立つ岩場の方へ出てきた!

大きい!

が、すっかり疲れ果てた様子で漂う感じだった。

 

ジュンジさんに魚が弱っている事を叫ぶ!

直後ジュンジさんはファイト再開!

 

 

 

この間、一切助けに行こうとはしない気ままな二人(爆)

 

 

 

もうすぐランディングって時だった。

 

「 一応、俺のグリッパー持ってってみる(・-・)? 」

TAKEさんが自前のフィッシュグリッパーを指差す。

 

 

「 解りましたっ! 行って来ますっ! 」

ちょっともたつきながらも、ジュンジさんの元へ急ごうとした僕の背中に声。

 

 

「 その間オレは投げとく( ̄ー ̄) 」

 

 

危うく岩の間の海に滑落するところだった(爆)

 

ジュンジさんの元へ辿り着くと、無事にランディングを終えた所だった(^-^; 

344

堂々のメーターシイラ!!

ジュンジさん、かぁっちょえぇぇぇぇっ(≧▽≦)ノ”

 

345_2 

魚運を奪還すべく、黙々とキャストを続ける非道超人・ハワイアンマン。

背中に悲壮感の満ちる感があるが、きっと鬼の形相に違いない(笑)

 

 

でも・・・

ジュンジさんの一尾で俄然ヒートアップしたものの、それが最初で最後だった。

よくよく考えたら、先程のチビネイゴの後ろに着いてたのはシイラだったか。。。

 

 

駐車場に戻ると、いつの間にやら来ていた係長とも合流(笑)

聞けば係長が陣取った場所の方が今日はいい感じだったみたい(・-・;

 

釣りってホントに毎回状況が変わるものだ。

 

帰り間際、ジュンジさんは持って帰れないからと

僕にシイラを譲って下さった(^-^)

しかもクーラーごとお借りしてしまう始末 (^-^;

  

  

みんなで談笑を交わし、やがて解散。

どうにも納得が行かず、次なるポイントを目指そうという勢いのTAKEさん。

僕は子供達を待たせているので帰らなければならず、同行を断念( ̄~ ̄;

係長もショアジギタックルしか積んでないからと辞退していた。

 

 

そして独りきりの帰り道。 TAKEさんから電話が入る。

僕らが行ってた磯への道を教えて欲しいと。

 

電話での説明が難しいので途中まで誘導しつつ、

山道を歩いて水辺まで出た所でTAKEさんを見送った。

 

 

で、帰ってからすぐに。

戴いたシイラを子供達に見せると、持ちたい持ちたいと大騒ぎ(^-^;

080814_12340001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

三厘ボウズ頭が眩しい息子(笑)

 

080814_12370001_3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

   

 

僕が釣って来るまでスーパーのカンパチは食べないと有言実行中の娘(笑)

(携帯カメラなので画像が悪い・・・)

  

いつか父ちゃんが釣ったのを持ちたいねー♪ だって(爆)

 

 

そしてすぐに解体開始♪

 

が・・・これがえらく大変な仕事だった(o;_ _)o

こんなサイズの魚を捌いた経験なんて無いもんだから、

一時間ほど掛かって解体を終えた(苦笑)

 

どうにも食べ切れる量では無いので、半身は実家へ (^-^;

 

今夜の晩御飯はシイラ尽くし (*^-^*)/

Photo

フライに・・・

 

Photo_2

お刺身ぃ♪

 

サッパリしていて、すごく美味しいhappy01

ジュンジさん、ありがとうございましたっhappy02

 

次は自分で釣ったのを食べたいなぁ・・・

でも捌くの大変だsweat02

 

さてさて・・・

真夏の青物修行はまだまだこれからなんだなー( ̄▽ ̄;; 

 

 

|

« お盆休み放浪記 ① | トップページ | お盆休み放浪記 ③ »

コメント

美味しく食べていただいたようでなによりです^^
サカナは一晩寝かすとさらに旨いよ~!
でもこれで、俺の釣行記はここの内容コピペしてちょっといじればgoodbleah

投稿: ジュンジ | 2008年8月15日 (金) 02時32分

詳細なレポ、ご苦労さん(笑)

でも、今回は笑いにキレがなかったなあ・・・

投稿: TAKE | 2008年8月15日 (金) 06時57分

やっぱシイラいた〜!!

カッチョエェ…

ジュンジさんがファイトしてる時なんで近くに投げなかったんですか!?( ̄〜 ̄)

付いてきてる可能性あるから観戦してる場合じゃないのに…(*_*)

お父ちゃんが釣った大物を子供たちに自慢出来るよう頑張りましょう(^o^)

投稿: ヨッシー | 2008年8月15日 (金) 09時22分

子供の笑顔が眩しいですね~(゜∀゜)
次はヒロさんの手で釣り上げたやつでブツもちですね!!!

現場の雰囲気がよく伝わってくるいい記事でした(≧∇≦)b

投稿: おいまさ | 2008年8月15日 (金) 09時27分

ジュンジさん>

昨日はお疲れ様でした(^-^)
シイラ、美味しいのなんのってhappy02

これでもう少し捌くのが楽だったらwobbly

>サカナは一晩寝かすと・・・

そう申されましても、もうありません(泣)

ジュンジさんの方の記事も楽しみにしてますよ(^-^)
オリジナリティ溢れるものを期待してます(爆)

投稿: ヒロ | 2008年8月15日 (金) 10時00分

TAKEさん>

大変お疲れ様でした(^-^)

気が付けば長い記事になってました。。。


笑いにキレって。
あまりプレッシャーをかけないで下さいsweat02

投稿: ヒロ | 2008年8月15日 (金) 10時02分

ヨッシーさん>

シイラはかっちょえぇですね(≧▽≦)

近くに投げるも何も、僕らのトコから結構離れた場所での事でしたからねwobbly

今度は子供達に、
父ちゃんの獲物で狂喜乱舞させてあげたいもんですcoldsweats01

投稿: ヒロ | 2008年8月15日 (金) 10時08分

おいまさ君>

長い記事にお付き合い頂き恐縮ですsweat01
笑いを模索していたら長くなりました(爆)

子供達はシイラの存在自体を知りませんでしたからね(笑)

初めて見る魚でしかもこのサイズですから、
興奮しまくってましたcoldsweats01

今シーズン中には必ずや父親の威厳を取り戻したいものです(笑)

投稿: ヒロ | 2008年8月15日 (金) 10時13分

とうちゃん(のともだち)スゴイ!
と、お子様方は感動だったことでしょう。
今後スーパーに行くたびに、「シイラ切り身」を見せて、「アノサカナだよ、あれ」と、毎度思い出してもらわなければなりません。
そりゃそうと、身が残っているのならば、早めに保存処理(味噌漬けなり醤油漬けなり)して冷凍に回さないとニオイが結構きつくなりますよん。

投稿: カマス屋 | 2008年8月15日 (金) 15時30分

昨日はシイラ、今日は焼肉ですか・・そうですか・・・
ネイゴ残念でしたね~gawk掛けたらバラす・・流石、芸人は違いますねbearing
次は、キャスト→ティップ側が抜ける→ヒット!→ブレイク→・・・
をやってみましょうscissors

投稿: あおい | 2008年8月15日 (金) 19時26分

カマス屋さん>

子供らは興奮してました(笑)
すごく引いたのか? 独りで釣ったのか?とか。。。

体験してない分、抽象的にしか答えてあげられないのが残念でした(苦笑)

シイラの身は、もう残ってません( ̄▽ ̄;
フライを少しだけ残して、アトはたいらげてしまいました(^-^;

投稿: ヒロ | 2008年8月15日 (金) 21時07分

あおい君>

どうもお疲れ様でした(^-^)/
いつの間にやら来てたからびっくりしましたよ(・-・;

ネイゴは本当に残念でたまりませんでした。。。
って、僕は芸人ではないので悪しからずgawk


>次は、キャスト→ティップ側が抜ける→ヒット!→ブレイク→・・・

そんな芸当はスーパーエキスパートになれたならの話ですなsweat02

投稿: ヒロ | 2008年8月15日 (金) 21時11分

シイラ・・・今度もらったらウチに持ってきてください!
サクッと捌いてあげますよ・・・半身もらいますけど(爆)

投稿: unko | 2008年8月19日 (火) 11時30分

unkoさん>

それでは今度はウチに来てください!

そしたら半身と言わず3分の2を差し上げましょう( ̄▽ ̄)

投稿: ヒロ | 2008年8月20日 (水) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121991/22988134

この記事へのトラックバック一覧です: お盆休み放浪記 ②:

« お盆休み放浪記 ① | トップページ | お盆休み放浪記 ③ »