« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月17日 - 2007年6月23日

2007年6月18日 (月)

愚か者と笑われようとも(笑)

土曜日(6月16日)の夜、こらえきれずにホームの河口へ出掛けた。

連日の雨で結構な量の草などが流れ込んでいるらしく

2投に1回はフックに引っ掛かるので釣りにならなかった(xx;

港に移ると濁りも結構なモノで、何の反応も無いまま相棒達を片付けた・・・

 

はぁぁ・・・最近まともに釣れてないなぁ・・・

 

そして翌日の日曜日。

くしくも世間は父の日

そして僕は今週も独りぼっち(爆)

 

午前中は後輩を誘って電気屋さんに行ってみたり、本屋さんに寄ってみたり・・・

午後からはエギングのつもりでいたので、土曜とは別の港へそのまま走った。

 

しかし連日の様に土砂降りが続いていたワケなのだが・・・

昨夜の港の状況を考えると、イカが釣れるのか怪しいもんである( ̄~ ̄;

 

「梅雨時期でもイカは釣れるんですか?」 

過日の事、僕はおいまささんに聞いてみた。 

「濁りが入ると深場に逃げるんですよ。」

そう教えて下さった。

 

となると、晴れ間がのぞいているとは言え、状況は厳しいかも( ̄~ ̄;;

 

港に向かいながら濁りが少なそうな場所をイメージしてみる。

 

到着してみると、アジゴ狙いの皆さんがポツポツ居るぐらいのもので・・・

殆ど釣り客は居ない。 そして釣れてる感じでも無い(・-・;  

(アジゴさえも厳しいのか? ふむぅ・・・・まぁ、ダメ元で来たんだし・・・)

海を見渡すと、やはり濁っている。 

目星を付けておいた普段なら賑わうハズの堤防も、今日は貸切(苦笑)

とりあえず先端まで歩きながら水の色を観察。

 

案の定、外に向かって濁りも減って行く様な感じ。

そんじゃあ先端のテトラに乗れば・・・・って、

今日に限ってライフジャケットを持って来ていない(xx; 

 

諦めて先端の手前に陣取る。(だからと言って安全というワケでは無い(。。; )

 

出来るだけ外(沖)に向けて投げる事に徹しよう!

内側は話にならない(苦笑)

 

観察した時点でイカの姿は確認出来なかったけれども、可能性は棄てたくない。

少しでもイカに気付いてもらう為にオレンジ色のエギをチョイス。

 

そしてシャクったシャクった(笑)

アジゴ釣りの皆さんが呆れた様に時折こっちを見ている( ̄▽ ̄;;

こんな日にイカが釣れるワケねーだろ、とでも言わんばかり(苦笑)

 

でもめげない!

信念を貫くのみ!(笑)

 

「イカに気付いてもらう事! 見せなきゃダメよ! 

シャクリよりもそのアトのフォールが大事! フォールに集中しよう!」

 

我がエロス・・・違った、

我がココロの師匠・TAKEさんの言葉が鮮烈にフィードバックする。

 

「見せるんだ! 気付け! おらっ! 気付け!

 この辺に居ないなら遠くから来い(笑)」

 

バカか何かの如く・・・違った、鬼の如くシャクる(笑)

そしてフォール。 竿先やラインに神経を集中!

それを何度か繰り返す・・・・・

 

そして・・・竿先が少し引っ張られた感じを見逃さなかった( ̄▽ ̄)v

 

ふんっ! とアワセを喰らわすと、ロッドが結構曲がる♪

 

「よっしゃぁぁっ! 乗った乗ったぁっ!」

貸切堤防でシャウトするキチガイ(爆)

 

竿を立てるとドラグが鳴った! ギュイィィィンとラインが出て行く!

「うをっ!強い強い♪」

ロッドを立てて応戦!

が、しかーし! もうすぐ浮くかなぁってトコで、フッと軽くなる・・・

「わっ! ばれた( ̄□ ̄;!」

どうやら身切れをさせてしまったらしい・・・・・

回収したエギにはイカの身が少し引っ掛かっていた・・・_| ̄|○・・・何やってんだ・・・

 

しかしながら、そんなに凹まなかった(^-^;

ダメ元で来ているけれども、

根拠の無い信念に間違いは無かった事を証明できたのだ(笑)

 

( 今の1杯だけしか居ないってこたぁねーべ( ̄▽ ̄) )

すぐに気を取り直して、シャクリ直し♪

 

そして数投目。

 

さっきのよりは引かないけれど、確実にイカの手応え!

浮いた途端にジェット噴射で潜る!

久々の光景♪

面白くてしょうがない(笑)

さっきの二の舞にならない様に慎重に寄せる。

  

しかし・・・潮が下がり出してからだいぶ時間が経っていたので、足場が高くなっている。

どうかなぁ・・・と思いながらも、やるしかないので抜き上げる(^-^;

 

Photo_19

  

 

 

 

 

 

 

 

火星人アオリーのメス。

心なしかドロっとした墨を吐き散らす(・-・;

  

久しぶりの陸っぱりでの釣果であるし、

悪条件での勝利のご褒美にと、キープしました(^-^; 

持ち帰って計ったら300グラムちょい(^-^;

でも抱卵していたので、〆た事をちょっと後悔した(xx;

 

結局この日はこのメスのみ。

堤防の反対側に同じぐらいのサイズのイカを確認。

チャレンジするも、ダメでした(^-^;

 

まぁ、イメージしていた場所で釣れたし、

何より連日の雨で諦めかけていただけに満足です(*^-^*)

 

そうそう、上の写真で肩に掛けてるバッグ。

353  

 

 

 

 

 

 

 

エギングバッグという名前のイカ用の袋です(^-^)

クーラーを持ち運ぶ事無く、イカを入れてランガン出来ますし、

クチを折り曲げてマジックテープで止めるので、イカスミもこぼれません。

使用後は水で洗って干しとけばいいので重宝しますよ♪

でも暑い日は早目にクーラーに移した方がいいかも(^-^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »